新世界地政学 ワクチン・ナショナリズム|船橋洋一
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新世界地政学 ワクチン・ナショナリズム|船橋洋一

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。

ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使はこのところ、霞が関や永田町を相手にセールス外交に忙しい。

「世界最速で開発したコロナワクチンの生産を始めました。ぜひ、ロシアのワクチンを使ってみてください」

プーチン大統領が、ロシアの国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所と国防省が共同開発した新型コロナウイルスワクチン、スプートニクⅤを承認したと発表したのを受けてのことだ。

ロシアはすでに医療従事者などへの接種を始めたようだ。来年初めからは一般市民向け接種も実施する予定だという。接種は2回に分けて実施され、免疫は約2年間維持されるとしている。プーチンは、自分の娘にこのワクチンを接種したことも明かした。エカテリーナ女王が1768年、天然痘ワクチンの接種を自ら志願した英雄譚に倣ったものだろう。

欧米の新型コロナウイルスワクチン開発は現在、臨床試験最後の第3段階にあるが、ロシアはその最終段階をすっ飛ばして承認に踏み切った。ロシアの臨床研究組織協会は、副作用などのリスクが検証されていないとして承認を延期するように求めたが、それを抑えこんだ形である。すでに20か国以上がロシアのワクチンを購入することに関心を示しているという。

ロシア以上にワクチン超大国に躍り出ようと情熱を燃やしているのが中国である。習近平中国国家主席は、この5月、世界保健機関(WHO)年次総会で演説し、「中国で開発されたワクチンは世界の公共財だ」と高らかに宣言した。

中国はすでに9つのワクチン製品候補の臨床試験を進めており、うち5つが最終段階に入っている。カンシノ・バイオロジクスやシノバックは年産1億~2億回分の生産能力を準備している。カンシノのワクチンは、サウジアラビアで5000人を対象に最終段階の治験を始める予定だ。

中国は、ブラジル、インドネシア、パキスタン、ロシア、そしてフィリピンに対してワクチンの優先配分の取引を提案している。王毅中国外相もワクチン外交に精出している。マレーシア外相ともインドネシア外相とも電話会談でワクチン開発協力を約束して回っている。それを追うかのようにポンペオ米国務長官も両外相にワクチンの開発協力を呼び掛けている。

この続きをみるには

この続き: 1,003文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。