見出し画像

さいたまに、夢のチームを|池田純

文・池田純(Bリーグ埼玉ブロンコスオーナー)

横浜から、埼玉へ。

プロ野球から、プロバスケットボールへ。

この3月、私はBリーグ3部埼玉ブロンコスの株式の大半を取得し、オーナーシップを獲得しました。横浜DeNAベイスターズの初代社長を2016年まで5年務めて経営黒字化を達成した後、次の道を探す浪人生活を送っていましたが、3年ほど経って、ようやく新たな挑戦のステージに辿り着きました。

埼玉ブロンコスの活動は所沢市とさいたま市が中心で、私は1年前から一般社団法人さいたまスポーツコミッションの会長に就任し、スポーツによる地域活性化の戦略を模索してきました。

さいたま市には3万、4万人収容のさいたまスーパーアリーナがありますが、地域活性化の武器として必要なのは5000人から1万人規模の地域密着型の施設です。そういった次世代型スポーツ施設=アリーナの整備実現を公約に掲げる清水勇人さいたま市長を支えながら、私はアリーナの目玉コンテンツを獲得する。その2つが両輪となることで市民に愛されるスポーツコンテンツと文化が生まれ、健全経営で回していければ、私が得意技をフルに使ってベイスターズで実現させた熱狂をさいたまでも作ることができる……。

そこでしばらくはコンテンツとしての新チーム創設を検討していましたが、ある日、ブロンコスの前オーナーから経営再建を頼まれたのです。

実際チームの数字はとても厳しく、今季も赤字が見込まれ、いつチームが消滅してもおかしくない経営状況です。

ところが私はこのチームに一つの大きな道筋を見ることができました。今はどん底でもやれることは沢山ある。次世代型アリーナさえできればさいたまスポーツコミッションを含めて成功のためのリソースは十分にあり、浦和レッドダイヤモンズや埼玉西武ライオンズと切磋琢磨できる、県民に愛されるスポーツコンテンツへと再生しうる環境と機会があると思えました。

この続きをみるには

この続き: 826文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。