見出し画像

スターは楽し ジム・キャリー|芝山幹郎

ジム・キャリー

ジム・キャリー
©AF Archive/Universal/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

ナンセンスが噴火する

1990年代の中盤、ジム・キャリーが噴火した。爆発というより噴火。一過性の破裂ではなく、溶岩の連続的な噴出。94年だけでも『エース・ベンチュラ』、『マスク』、『ジム・キャリーは Mr.ダマー』とヒット作が3本公開され、そのあとには、『ライアーライアー』(1997)がつづいた。止まらない感じがした。

これはなんだ? と私は思った。驚くと同時に疑いも覚えた。顔や手足の奇天烈な動きに笑いつつ、危ないなと首をかしげた。ただ、不快ではなかった。反射的に好意さえ抱いたのだが、その淵源が読めない。言葉にすると強弁が混じりそうだ。この面白さはなんなのか。

最初に笑ったのは『マスク』を見たときだ。小心で気弱な銀行員スタンリー(キャリー)が、水辺で古ぼけた仮面を拾う。そのマスクをかぶったとたん、彼は無敵のスーパーヒーローに変身する。

設定の紹介は、これだけで十分だろう。40年代のズートスーツを思わせるカラシ色の衣裳。顔に貼りついた黄緑色のマスク(これは特殊メイク)。変貌したスタンリーは、奔放不羈、傍若無人の大暴れを見せる。『バットマン』(1989)の敵役ジョーカーと、『アラジン』(1992)の怪人ジーニーの合体だ。

ヒロインを演じたのは、この映画でデビューを飾ったキャメロン・ディアスだった。ふたりともカートゥーンにぴったりの顔つきや体型をしているので、派手な化学反応も不自然ではない。突飛で、浮世離れしていて、愛嬌満点だ。

とくにキャリーは、役になり切ったときの高揚感を、そっくり観客にぶつけてくる。小学生が喜びそうなサイトギャグの連発や悪ノリすれすれのオーバーアクションを見て、私ははらはらした。いつ滑るか、ではなく、こんなに滑りつづけていて大丈夫なのか、と案じてしまったのだ。この人は、ギャグの不発を恐れず、さっさと飽きられるのも覚悟の上で突っ走っているのか。そう思わせる蛮勇が、全身から発散されていた。

この続きをみるには

この続き: 1,442文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。