見出し画像

角幡唯介 人間の苦しみを浄化する遍路の力 「四国辺土 幻の草遍路と路地巡礼」(上原善広著)

文藝春秋digital

人間の苦しみを浄化する遍路の力

もともと信仰心のない著者が四国遍路に出ることにしたのは、薬物依存だった身体の調子をととのえ、テーマである同和地区の取材をしてまわろうという不信心な魂胆からだったという。みずからを恥さらしの人生、つまり〈遍路に出たと聞いた周囲の人が「やっぱり」と思うような人生〉を歩んできたという著者が、このテーマで本を執筆したのは必然だったのかもしれない。

辺土という聞き慣れない言葉は、遍路で生活する者、つまりは乞食のことをさすらしい。著者はいわば取材辺土となり、遍路に吸いよせられる小さな人間の物語を追いかける。ハンセン病者や犯罪者、無宿者に元ヤクザ。遍路に出るぐらいだから、登場するのは、あるいは差別され、あるいは社会のまっとうな路線からはみ出し、人生に苦しんできた者ばかりだ。周辺の路地の者が被害にあった、かつての悲惨な虐殺事件の話もある。それでも全体的に陰惨なトーンになっていないのは、人間味という温かさと適度な興味本位で統一されているからだろう。

この続きをみるには

この続き: 691文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!