文藝春秋digital
【フル動画】岩波明×石戸諭 対談「殺人に至る『現代の病』とは何か?」京王線ジョーカー、殺人看護師…
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【フル動画】岩波明×石戸諭 対談「殺人に至る『現代の病』とは何か?」京王線ジョーカー、殺人看護師…

文藝春秋digital

◆コロナ禍とメンタルヘルス“緊急事態”

文藝春秋digitalは、12月13日(月)19時〜、精神科医・昭和大学医学部精神医学講座主任教授の岩波明さんとノンフィクションライターの石戸諭さんのオンライン対談イベント「殺人に至る『現代の病』とは何か? 京王線ジョーカー、殺人看護師…」を開催します。

精神科医として日本人の深層心理を鋭く分析してきた岩波明さんは、11月9日に無期懲役の判決が言い渡された久保木愛弓被告の精神鑑定を担当しました。日本の司法は精神疾患のある犯罪者をどう扱うのか――植松聖被告によって19人が刺殺された相模原障害者施設殺傷事件も含め、岩波さんの問いは、2020年代の日本社会に突きつけられています。

石戸諭さんは新刊『東京ルポルタージュ』で、新型コロナウイルスという“疫病”と東京五輪という“祭典”に揺れる首都で暮らす人々のリアルに迫りました。“接触”が絶たれ、経済的苦境に追い込まれた人々や、薬物依存症患者などに取材を続けた石戸さんは日本社会の病理をどう捉えているのか。

“京王線ジョーカー”など、相次ぐ公共交通機関での通り魔事件は何を意味しているのか。あるいは“殺人看護師”事件、相模原障害者施設殺傷事件など、精神疾患に対して日本人はどう向き合うべきなのか。お二人によるオンライン対談、ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります。本記事の有料部分にアップしますので、何度でもご覧いただけます。

◆イベント概要

イベント名:岩波明×石戸諭 「殺人に至る『現代の病』とは何か?」京王線ジョーカー、殺人看護師…

出演:岩波明、石戸諭

日時:12月13日(月)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆イベントフル動画

《この下にフル動画があります》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。