見出し画像

眞子さま、小室圭さんへの「不滅の愛」

猛反対の父・秋篠宮がついに結婚を認めた——。/文・友納尚子(ジャーナリスト)

<この記事のポイント>
▶︎眞子さまと小室さんの結婚への堅い意志は、何があっても揺らぐことがない
▶︎眞子さまのご結婚がここまでこじれた原因は、秋篠宮家の自由を重んじる教育方針が災いした、という意見もある
▶︎「皇女」の創設は、眞子さまを第一号としての新制度であることは明らか

歌会始で恋の歌を発表

「色々とありましたが、自分を信じて進んで参りたいと思います」

1年が終わりに近づこうとしていた11月末、秋篠宮皇嗣殿下の長女、眞子内親王殿下(29)は、かねてから相談なさってきたという皇室関係者に、現在のお気持ちをこのようにお伝えになった。

眞子さまにとって、2020年は人生の大きな節目の年になった。年の初め、小室圭さん(29)との結婚話は周囲から反対され、暗礁に乗り上げていた。目の前に立ちはだかる山を前にして、それを乗り越えようとお努めになった1年だった。

11月13日に発表されることになった「結婚に関するお気持ち文書」の準備に、眞子さまが動き出したのは、さかのぼること10カ月前の20年1月、「歌会始の儀」の後のことだった。

眞子さまはこの歌会始で、

〈望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな〉

という恋の歌を発表した。

月といえば、小室さんが婚約内定会見で「きれいな月を見つけますとうれしくなり、宮さまにお電話をおかけしています」と語ったように、お二人には大切な符牒だ。下の句は「思う心を持ち続けていたい」という意味で、まさに小室さんへの愛を歌っており、お二人のお気持ちは今も変わっていないという、結婚への決意表明とも取れるものだった。

宮内庁が結婚関係の儀式を2年延期すると発表してまる2年。ご結婚を認めないご両親との会話は途絶えているといわれた。一向に進展の気配が見えない中、1月末、ついに眞子さまは動きだした。現状打破のため、宮内庁の重鎮らを呼び出したのである。まずは彼らの話を聞き、次に自分の変わらぬ気持ちを伝えて、納得してもらわなくてはならないとお考えになったようだ。

2020年秋には発表するとみられていた文書についても、表現などの相談をなさったという。

「ご相談を受けた人の中には、『愛情を受けて育ててもらったのですから、今うかがった話をご両親にしない状況は良くない』とあえて申し上げた方もいたようです。眞子さまは納得していないご様子で、考えていらっしゃったといいます」(宮内記者)

画像1

あの会見は今から3年前

小室さんの留学の成果を報告

その後コロナの感染拡大で世間は騒然となるが、緊急事態宣言が解除された5月、眞子さまは再び行動に出られた。4月に米フォーダム大学のHPに小室さんがもう一人の学生と共に大学OBである金融専門家にインタビューした音源がアップされ、ほぼ同時にニューヨーク州弁護士会のビジネス法部門が発行する専門誌にも論文が掲載された。眞子さまは、このことを小室さんの留学の成果として、ご両親である秋篠宮ご夫妻に説明されたという。

コロナ禍で外出が減り、家族が揃う機会が増えたことで、一時期は口も利かなかったご両親との会話が戻ってきたといわれた。

ご両親の姿勢はその頃から軟化し始めたようだ。夏になると、「強く反対されていた秋篠宮さまも結婚を許す意向に変わってきた」という情報が漏れ伝わってきた。

結婚容認への流れが決定的になったのは、今年9月11日の紀子妃殿下54歳のお誕生日に際してのお言葉だ。

「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています」と語り、「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と踏み込まれたのだ。

ご両親の理解を得られたのだろうか。眞子さまが9月、8カ月ぶりの公務で日本橋三越本店に外出された時の表情は、実に晴れやかなものだった。11月の「立皇嗣の礼」に向けて秋篠宮家は、足並みを揃えられていた。

眞子さまが長い時間をかけて準備された「お気持ち」を公表したのは「立皇嗣の礼」の5日後の11月13日のこと。冒頭で「両親の理解を得たうえで」と前置きしたうえで、自分と小室さんお二人の気持ちをこう表現した。

〈私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です〉

この「必要な選択」という言葉は、以前、小室さんが眞子さまに語った言葉だといわれる。文書はお二人で相談され、丁寧に書き上げられたものだった。

今後の予定については、〈具体的なものをお知らせすることは難しい〉としたものの、全体としては、眞子さまの結婚に対する強い姿勢が示されていた。眞子さまが結婚への変わらぬ意思を表明されたことで、これに対し秋篠宮がどう「回答」をなさるのかが注目された。

皇嗣・秋篠宮

皇嗣となった父

皇嗣初会見で「容認」

眞子さまのお気持ち公表から1週間後の11月20日、秋篠宮の誕生日会見が赤坂東邸で開かれた。

実際の誕生日は同月30日だが、当日ではなく事前に行われるのが通例だ。宮内記者らの関心は、秋篠宮が眞子さまの結婚をお認めになるかどうかの一点に集中していた。

会見が始まると、秋篠宮は結婚の質問に対して、「それは結婚することを認めるということです」とはっきり述べられた。そして憲法の「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」するという条文を引用されて、「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と念を押された。

はっきりとした「結婚容認」だったが、会見の後半で記者から「多くの人が納得し喜んでくれる状況になったと受け止めているか」と聞かれると、

「(以前の会見で)多くの人が納得し喜んでくれる状況の前提として、今まであった問題をクリア(するために)、相応に対応する必要があると申しました。これは他人のうちのことですので、詳しくは知りませんけれども、では対応を全くしていないかと言えばそんなことはないと思います。ただ、ひとつ言えるのは、いろいろな対応をしているとしても、それが見える形になるというのは必要なことではないかというふうに思っております」

と従来の主張を繰り返され、さらに「結婚と婚約は違いますから」と述べられた。出席した記者たちも、ご真意を測りかねていた。

ある宮内庁OBは、こう言って落胆していた。

「『見える形』とは借金を返済することだと思われますが、ここまで問題がこじれた後、今さら返したところで国民が納得するかどうか。会見内容も秋篠宮の誕生日までは解禁厳禁でしたが、事前に発売された週刊誌が内容を入手して、大きく取り上げている。なぜ皇嗣職は会見を通常通りの10日前ではなく情報が漏れにくい誕生日ぎりぎりにしなかったのか。しかも秋篠宮さまのお言葉は不明瞭な箇所があり、記者の混乱を招くのはたしか。事前質問に時間をかけてお考えを練られたとは思えませんでした。皇嗣となった初の会見でもあります。このような準備不足な状態でご会見に臨まれるとは……」

皇族のご結婚は難しい。眞子さまのご結婚がここまでこじれた原因は、秋篠宮家の自由を重んじる教育方針が災いした、という厳しい意見もある。

「三笠宮家の寬仁親王殿下は、彬子女王が英国に留学される際、『思いっきり自由にして来なさい。でも結婚は別だからな』とはっきり念を押していたといいます」(報道記者)

画像4

三笠宮寬仁親王殿下

内定会見をなぜ急いだか

秋篠宮の胸中にあるのは皇嗣としての責任なのか、あるいは、娘の将来に対する不安だったのか。真意はわからないが、結婚は容認したものの、全面的に賛成というわけではないことは伝わって来る会見だった。

この続きをみるには

この続き: 4,321文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
28
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。