見出し画像

イ・ラン/いがらしみきお著 甘栗舎訳「何卒よろしくお願いいたします」 「今とは違う世界」の希望に触れる 評者・角田光代

文藝春秋digital

「今とは違う世界」の希望に触れる

漫画家であるいがらしみきお氏と、ミュージシャン、映像作家、エッセイストなど各方面で活躍するイ・ラン氏の、2年にわたる往復書簡である。

初っぱなからおもしろい。保険について調べるうちに詳しくなりすぎたイ・ラン氏は保険会社で働きはじめたという。そこで上司に言われた言葉が「あらゆるものやすべての日常の本質を知ろうとしないで、見過ごしなさい」。この言葉は、本書における象徴的な言葉だ。どうやら、いがらし氏もイ・ラン氏も、それができないタイプの人間であり、それは、この社会で生きることを格段にむずかしくする、ということが次第にわかってくる。

2人の綴る手紙から、それぞれが属する社会が見える。しかし2人ともが本質的にそこに属しきれず、「社会の周辺にいながら、そこを出たり入ったりする人」たちだから、彼らの描く社会はいびつに見える。たとえばオウムのサリン事件、セウォル号沈没事故、東日本大震災、韓国での大規模な通信障害、そしてそれぞれの社会におけるパンデミック。個人的には韓国のチョンセ制度(賃貸住宅制度)やムダン(霊媒師)、カミナリ配達(Uber Eats的な存在)や高齢女性の貧困率の話がじつに興味深かった。いがらし氏の書く「ありえたかもしれない日本」を、そこに感じるのかもしれない。

この続きをみるには

この続き: 554文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!