日本共産党委員長、中国共産党を批判する「中国の政権党は『共産党』の名に値しない」|志位和夫
見出し画像

日本共産党委員長、中国共産党を批判する「中国の政権党は『共産党』の名に値しない」|志位和夫

中国が最も嫌がるのは「国際法違反」を理詰めで突きつけられることだ。/文・志位和夫(日本共産党中央委員会委員長)

<summary>
▶中国の海警法は国連海洋法条約をはじめとした国際法に明白に違反しており、ここを理詰めで徹底的に批判し、国際社会に発信することが重要
▶日本共産党は昨年1月の党大会で党綱領を一部改定し、中国については従来の「社会主義を目指す新しい探究が開始され」ている国という規定を削除した
▶現在の中国の政権党は、同じ「共産党」を名乗っているが、覇権主義と人権侵害の行動は、「社会主義」とは無縁のものであり、「共産党」の名に値しない

画像1

志位委員長

なぜ中国共産党を批判するのか?

尖閣諸島(沖縄県)において中国海警局の公船による執拗な領海侵犯が続く中、今年2月1日、中国政府は海警局に武器使用などを認める「海警法」を施行し、東シナ海で緊張がさらに高まっている。

そうした中、日本共産党は中国政府に「撤回を求める」との断固とした談話を発表。これには国内の保守派からも賛同の声が上がった。同じ「共産党」の名を掲げながら、なぜ中国共産党を批判するのか? また、中国政府の弱点はどこにあるのか? 志位委員長に聞いた。

この続きをみるには

この続き: 7,341文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。