ツイッターとわたし__1_4_2

凡庸な広告の暴虐さを消したかった。|「シャープさん」山本隆博(@SHARP_JP)

わたしたちは何故Twitterをやるのか。140文字という制限ある「ことば」に、何を乗せて、誰に届けたいのか。この連載では、日々“140文字の言霊”と向き合う人びとが「自分にとってTwitterとは何か?」というテーマで文章を綴ります。第1回の筆者は「シャープさん」こと山本隆博氏です。

勤める会社のツイッターを担当して9年ほどになる。いわゆる企業公式アカウントというやつだ。9年が長いのか短いのか、私にはいまいち判断がつかない。なにしろ日夜ワンオペですべてのツイートを書き、リプライに返事し、送信ボタンを手動で押してきたので、仕事というより生活という感覚がしっくりくるのだ。

同じ会社で同じ仕事を9年続けていると言うと、むしろ珍しがられるような流動性の高い社会だけど、同じ場所で同じ暮らしを9年続けていると言えば、はあそうですかとだれだって返すだろう。私の9年には、長いも短いもない。あるのは労働と生活の営みだけ。それはすなわち、ただの日常だ。

とはいえただの日常もミクロに見れば、個別に特殊な事情がある。たとえば私にとってその9年は、文字どおり絶え間なく言葉を紡いだ時間だった。紡ぎ呟く毎日。それはイコール、自分の言葉が、企業と個人に引き裂かれた時間でもある。

ツイッターをやれと会社から言われたのは2011年の半ばだったと思う。ちょうど東日本大震災に直面した社会が、情報インフラとしてのツイッターの有用性に気づいたころだ。その風潮に便乗するように、広告とかマーケティング、デジタルといった名のつく業界では、企業がフェイスブックやツイッターで、自社アカウントを開設するのが一種のブームにあった。

おそらくどこかの広告代理店に焚きつけられたのであろう、SNSもスマホも覚束ない当時のボスが、なぜか私に会社のツイッターをやれと言ってきたのだ。思い返せばその指示も「ウチもツイッターなるものをやらねば」と、いささか心もとないものであった。

それまでの私は、テレビコマーシャルや新聞広告を作る仕事に従事していた。世界の亀山モデルなどといえば、かすかに記憶が蘇る人もいるかもしれない。日本を代表する大女優が静かに佇み、とにかく見る人に、製品の上質な印象やあこがれを抱いてもらおうと狙う内容である。当時は広告の成功事例として、業界ではそれなりにちやほやされることもあったし、とかくバカスカお金を使う仕事で、どこか私も上気したところがあったように思う。

この続きをみるには

この続き: 2,161文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
947
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。