文藝春秋digital
佐治敬三 君臨しつつ統治する 野地秩嘉 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

佐治敬三 君臨しつつ統治する 野地秩嘉 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
40年間、オーナー経営者としてサントリーを成長させた佐治敬三(1919~1999)。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏は、過去にインタビューした時のことを今も鮮明に覚えているという。/文・野地秩嘉(ノンフィクション作家)

語り部・野地秩嘉

野地氏

「野地先生、ご本は拝読しています」

会った瞬間、佐治敬三はこう言った。最初の本『キャンティ物語』を出した直後、インタビューする機会に恵まれた。会長室に招かれて「あ、ほんとに読んでる」とわかった。デスクには100冊以上の本が乱雑に積み重なっていて、1番上に私の本が置いてあり、しかも、ページが開かれていた。芸が細かいのである。

「僕はいつでも、うちのCMソングを歌ってます。社長でも自分の会社のCMソングを歌えん人なんていっぱいおるでしょう。でも僕はおっちょこちょいですから、平気で歌ってます。だが、そのおっちょこちょいのところがいいんじゃないかと自分ではそう思うてます」

彼は「じゃあ、ちょっとやってみますか」と立ち上がり、アメリカ西部のカウボーイが着けるようなベルトを取り出した。ベルトに革製のスリッパがはさんである。同社がCMで使ったテレビ番組「ローハイド」のテーマがラジカセから流れ出した。曲の最後にくると、佐治はカウボーイが馬に鞭を当てるようなしぐさを真似て、「バッシーン」とスリッパで机を叩いた。そして、「ビールはサントリーでっせ」とひとこと。天真爛漫で、稚気あふれる人だった。

ただ、当時、制作していたCMは気に入らないと言っていた。

佐治敬三

佐治敬三

この続きをみるには

この続き: 214文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。