見出し画像

【地下鉄サリン】第一印象は「真面目な研究者」だった——オウム死刑囚との「化学式」問答

14人の命を奪い、被害者が6000人を超えたオウム真理教による地下鉄サリン事件。難航を極めた警察捜査の最重要ポイントは、猛毒の化学兵器を教団が生成したと証明することだった。当時、科捜研の研究員だった服藤氏が捜査秘話を明かす。/文・服藤恵三(警視庁元科学捜査官)

画像1

服藤氏

科捜研の捜査秘話

「急いで頼みます」

その捜査員が、警視庁科学捜査研究所(科捜研)に駆け込んできたのは、1995年3月20日月曜日の朝9時5分頃でした。

「築地駅構内に停車中の、車両床面の液体を拭き取ったものです」

彼が差し出すビニール袋は3重になっていて、薄黄色の粘性のある液体で湿った脱脂綿が入っていました。受け取りながら、尋ねました。

「現場の状況はどんな感じですか。被害者の方々は?」

「たくさんの人が咳き込んだり、うずくまったりしています。吐き気や、目や喉の痛みを訴えている人がほとんどです。症状のひどい人は、痙攣を起こしていたり、泡を吹いたりしています。心臓マッサージを始めている人もいます。それから、みんな一様に『暗い暗い』と言っています」

当時、私は、科捜研で薬物と毒物の鑑定を担当する第二化学科の係長で、霞が関の警察総合庁舎に勤務していました。

あの朝、8時前に出勤していた私が異変に気付いたのは、たくさんの救急車がサイレンを響かせながら集まってきたからです。その後、都心を走る複数の地下鉄で“異臭事件”が発生して多くの被害者が出ていることを警察無線で把握していました。

被害者の症状を聞き、「有機リン系の毒物だ」と直感しました。通常なら農薬を想定するところですが、いやな予感が脳裏をよぎりました。前年の6月、長野県松本市の住宅街で猛毒の化学兵器サリンが散布され、死者8人、重軽傷者600人を出す大事件がありました。その犯人は、まだ捕まっていなかったからです。

その捜査員は、一呼吸おいて不安げな様子で言いました。

「実は私も今、暗いんです。この部屋、電気ついてますよね? でも、夕方のように暗いんです」

目を覗き込むと、瞳孔がピンホールのように小さくなっていて、手で影を作ってもピクリとも開きません。

「縮瞳が起こってる。早く警察病院に行ったほうがいい」と声をかけて帰しました。

受け取った資料をすぐに鑑定しなければなりませんが、どこでやるか。通常、ガスが発生する資料を処理する際は、壁面に設置されたドラフトチャンバーという小型作業装置を使います。上下スライド式のガラス窓が付いた中に吸気装置が付いており、排気は無毒化されて排出されます。その中へ、手だけ入れて作業する。

ところが、当時の科捜研にあったのは簡易ドラフトで、排気の無毒化装置が付いていません。しかも、吸引したガスの一部が廊下へ排出される仕組みです。これじゃダメだと考えた私は、ピンセット、毒物を抽出するための有機溶媒が入った共栓付き三角フラスコ、ビニール袋を持って、階段を駆け上がりました。

画像2

地下鉄サリン事件

〈Sarin〉の文字

屋上に着いてから、ゴム手袋とマスクを忘れたことに気づきました。しかし、部屋へ戻る時間が惜しい。少し吹いていた風を背にして、息を止めて作業しようと決めました。ひとつ目のビニール袋をほどき、フラスコを中へ入れます。最も内側の袋を開くときは息を止めて、長さ約30㎝のピンセットで慎重に脱脂綿を摘まみ上げ、フラスコに入れて素早く蓋をしました。

溶媒に溶かしてしまえば、ほとんど揮発はしません。この抽出液を、ガスクロマトグラフ質量分析装置にかけました。9時34分、装置のモニター画面に、構造式と共に映し出されたのは〈Sarin〉という文字でした。

警視庁は2日後、山梨県の上九一色村(当時)などに点在していたオウム真理教の施設に、強制捜査に入ります。そこから押収されたのは、宗教団体が所持するとは思えない大量の化学物質でした。毒物、劇物、薬品。数々の実験や兵器の製造記録もありました。

1995032900068.jpg(共同)

強制捜査に入る捜査員

オウム捜査は、オウムの科学を解明することが不可欠でした。といっても、現場の捜査員に専門知識が乏しいのは当たり前です。私はこうした資料の解析を任されただけでなく、科捜研から特別派遣されて、石川重明刑事部長と寺尾正大捜査一課長から直々に下命を受けたり、井上幸彦警視総監に直に報告を上げる立場になりました。

服藤恵三氏(63)は東京理科大を卒業後、製薬会社勤務を経て、1981年に科捜研の研究員となり、医学博士号も取得していた。オウム事件で科学分野の捜査の重要性を認識した警視庁は、96年「科学捜査官」という特別捜査官職を新設。服藤氏は採用試験に合格し、任命第1号となる。

他府県で発生した難事件にも派遣され、和歌山毒物カレー事件、ルーシー・ブラックマンさん失踪事件、長崎・佐賀連続保険金殺人、新宿歌舞伎町ビル火災などの捜査に、科学的立証の立場から尽力した。今年3月、自らの経験を『警視庁科学捜査官 難事件に科学で挑んだ男の極秘ファイル』(文藝春秋刊)として上梓した。

大学クラスの実験室

4月3日、初めて上九へ行きました。3階建ての第7サティアンには、1日2トンのサリンを生成する計画のプラントが作られていました。

この続きをみるには

この続き: 5,196文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
11
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。