『52ヘルツのクジラたち』著者・町田そのこさんインタビュー
見出し画像

『52ヘルツのクジラたち』著者・町田そのこさんインタビュー

町田さんにとって初めての長編作が、今年4月に本屋大賞を受賞した。現在は多くの書店で華々しく平置きにされている。「以前は本屋さんの棚に差してあるだけでうれしかったんですが。奇跡ですよね」と目を細めながら笑った。

“52ヘルツのクジラ”とは、実在するたった一頭のクジラだ。鳴き声が聞き取れないほど高音のため、ほかのクジラには届かない。世界で一番孤独なクジラといわれている。町田さんがその声をインターネットで聞いたとき「とても怖い印象だった」という。深い海底に響き渡り、誰にも届かない。悲痛な叫びにも似た声なき声について5年もの間考え、児童虐待のテーマと重なった。

本作は家族からののしられ、束縛されてきた貴瑚と少年の物語だ。ふたりは海の広がる大分の小さな町で出会う。田舎にありがちな隣近所が密でうるさいほかは何も起こらない平々凡々な地で、互いを惹きつけたのは「孤独の匂い」だった。

「私自身、いじめられていた時期があったんです。今は好きな執筆活動ができて読者のかたから応援もされ、十分に満たされる毎日です。でも、ふっと思い出してしまう。心は一度抱えた傷を忘れることはありません。無意識にその匂いを発し、自分の周りに漂わせている気がするんです」

この続きをみるには

この続き: 482文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。