見出し画像

同級生交歓|慶應義塾高等学校 平成元年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

_MP_4732修正

東京都千代田区 日本交通本社にて(撮影・松本輝一)

(右から)
全国ハイヤー・タクシー連合会会長
川鍋一朗
衆議院議員
高村正大
著述家
山口周

一学年18クラス・853名のマンモス高は、実社会の縮図だった。「自分の頭で考える」福沢諭吉の精神は、我々3人に共通する「B型・多動性」の性格に妙にマッチしたのだろう。高校時代から洞察力の塊だった山口君は大学院から電通、コーン・フェリーの組織コンサルタントを経て、現在は著述家として活動。面倒見のいい高村君は電通から元自民党副総裁である父親の秘書を経て、現在は衆議院議員として誰がやっても困難な日本の政治を明るく中から変えようとしている。私は日本交通、タクシーアプリ「GO」を運営するMobility Technologies、そして全国のタクシー連合会会長という「三足の草鞋」で日本の移動革命を目指す。それぞれが、福沢翁が言う「口に言うのみにあらず、躬行(きゅうこう)実践、もって全社会の先導者たらん」と信じて。(川鍋)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。