最長寿の語学番組|杉田敏
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

最長寿の語学番組|杉田敏

文・杉田敏(元NHK「実践ビジネス英語」講師)

1987年、NHKラジオ講座「やさしいビジネス英語」を始めました。最初はいろいろな方面から「ちっともやさしくない」とよく言われたものです。ただ、そうしたクレームが実際にNHKにはほとんど寄せられなかったのは、「ビジネス英語がそんなにやさしいはずはない」とリスナーが思ったからかもしれません。私としては「この番組がやさしく聞こえるようになることが、皆さんの学習の着地点です」という思いでした。

NHK初めての「ビジネス英語」の番組で、タイトルは既に決定していました。私が引き受けることになったのは、『戦略的ビジネス英会話』という拙著を目にした担当者が声をかけてくれたからです。「現実のビジネスの場における生きた会話を再現させたい。簡単な単語だけを使った入門編の会話のテキストにはしたくないのですが、いいですか」というのが受諾の条件でした。

この番組の一番の売りは、「ビニェット」と呼ばれるミニドラマを通して、ニューヨークなどの最前線で起こっているビジネストレンドや新しい英語表現を学べるところです。現代の国際ビジネス環境を反映するテーマを中心に、「世界手洗いデー」「中年の危機」「暗い時代のユーモア」など社会性の高い広範囲なトピックを扱ってきました。最近は新型コロナウイルスが英語に与えた影響やコロナ後の世界の新しいエチケットなどについても取り上げています。

ビニェットの多くは、国際PRのビジネスに携わる私が実際に経験してきた同僚やクライアント、記者との会話などをヒントに組み立てたものです。これまで金融から外国政府機関、消費財メーカーなどさまざまなクライアントを持ち、世界各地でビジネスの現場を経験してきたので、ネタに困ることは1度もありませんでした。

この続きをみるには

この続き: 1,071文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。