文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    漫画家・柴門ふみが有働由美子にアドバイス。「不倫は向いてないわね」

    news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは漫画家の柴門ふみさんです。「恋…

    日本のエリートはなぜアートに群がり始めたのか―MoMAのVisual Thinking Strategy 中野信子「脳と…

    ★前回の記事はこちら ※本連載は第9回です。最初から読む方はこちら。  情報の感度の高いビジネスパーソンの間でアートが話題に上ることが増えたように思う。「ビジネス…

    目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

    ▼〔野趣あふれる料理〕 宮崎県の景勝地・高千穂峡では、古くから、囲炉裏で山鳥の丸焼きを楽しんでいた。  その伝統を今に伝えるのが、「あららぎ乃茶屋」の『鳥の丸焼…

    新連載小説「李王家の縁談」#3 |林真理子

    【前号まで】 韓国併合から六年経った大正五年(一九一六)。佐賀藩主の鍋島家から嫁いだ梨本宮伊都子妃には、方子という娘がいた。伊都子妃は、迪宮(後の昭和天皇)の妃…

    講談師と講談社――神田松之丞さんの慶事を祝す(後篇) 門井慶喜「この東京のかたち」#9

    ★前回の話はこちら。 ※本連載は第9回です。最初から読む方はこちら。 「講談倶楽部」は、苦戦しました。  野間清治のデビュー作というべき「雄弁」創刊号が6000部を即…

    クラシックギタリスト・村治佳織|平成の天才少女の「現在地」

    時代を切り拓く“異能”の人びとの物語を、新進気鋭のライターたちが描く連載ノンフィクション「令和の開拓者たち」。今回の主人公は、クラシックギタリスト・村治佳織氏で…

    漫画家・柴門ふみが有働由美子にアドバイス。「不倫は向いてないわね」

    漫画家・柴門ふみが有働由美子にアドバイス。「不倫は向いてないわね」

    news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは漫画家の柴門ふみさんです。「恋愛の神様」が語る夫婦のカタチ、女のリアル。

    「恋愛の神様」が語る夫婦のカタチ、女のリアル
    有働 「女性セブン」で連載中の『恋する母たち』を毎週読ませていただいているんですが、ベッドシーンがとてもリアルですね。男女の営みの時、女性の

    もっとみる
    日本のエリートはなぜアートに群がり始めたのか―MoMAのVisual Thinking Strategy 中野信子「脳と美意識」

    日本のエリートはなぜアートに群がり始めたのか―MoMAのVisual Thinking Strategy 中野信子「脳と美意識」

    ★前回の記事はこちら
    ※本連載は第9回です。最初から読む方はこちら。

     情報の感度の高いビジネスパーソンの間でアートが話題に上ることが増えたように思う。「ビジネス✕アート」の関連書籍が新しい潮流を形成しつつあるように見える。

     ただ私の小中高時代を思い起こせば、美術はいわばマイナー科目だった。自分は中高と6年間美術部で、油画が好きで描いていたこともあって、授業とはあまり関係なく個人的に勉強もし

    もっとみる
    目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

    目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

    ▼〔野趣あふれる料理〕 宮崎県の景勝地・高千穂峡では、古くから、囲炉裏で山鳥の丸焼きを楽しんでいた。

     その伝統を今に伝えるのが、「あららぎ乃茶屋」の『鳥の丸焼き』だ。20羽の鶏を丸ごと一度に焼くことができる大窯で、4時間かけてじっくりと焼き上げる。丸焼きなので、モモ肉、胸肉など、いろいろな部位を楽しめる。どの部位もしっとりと柔らかだ。味付けは塩だけなので、鶏肉の美味しさがよく分かる。オーブント

    もっとみる
    新連載小説「李王家の縁談」#3 |林真理子

    新連載小説「李王家の縁談」#3 |林真理子

    【前号まで】
    韓国併合から六年経った大正五年(一九一六)。佐賀藩主の鍋島家から嫁いだ梨本宮伊都子妃には、方子という娘がいた。伊都子妃は、迪宮(後の昭和天皇)の妃候補として、久邇宮邦彦王の第一女子で方子の従妹にあたる、良子女王の名前が挙がっていると知る。そこで伊都子は、韓国併合後に皇室に準ずる待遇を受けていた李王家の王世子・李垠に方子を嫁がせることを考え、宗秩寮の役人、そして波多野敬直宮内大臣と面会

    もっとみる
    講談師と講談社――神田松之丞さんの慶事を祝す(後篇) 門井慶喜「この東京のかたち」#9

    講談師と講談社――神田松之丞さんの慶事を祝す(後篇) 門井慶喜「この東京のかたち」#9

    ★前回の話はこちら。
    ※本連載は第9回です。最初から読む方はこちら。

    「講談倶楽部」は、苦戦しました。

     野間清治のデビュー作というべき「雄弁」創刊号が6000部を即日完売したことは前述しましたが、そのわずか1年後の「講談倶楽部」はあっぱれ1万部を印刷し、そうして1800部しか売れなかった。

     苦戦というより惨敗でした。しかもその1800部という数字がわかるまでに、当時の流通事情では3か月も

    もっとみる
    クラシックギタリスト・村治佳織|平成の天才少女の「現在地」

    クラシックギタリスト・村治佳織|平成の天才少女の「現在地」

    時代を切り拓く“異能”の人びとの物語を、新進気鋭のライターたちが描く連載ノンフィクション「令和の開拓者たち」。今回の主人公は、クラシックギタリスト・村治佳織氏です。/文・上原善広(ノンフィクション作家)

    平成の天才少女が苦難を乗り越えて─ 令和元年12月21日、サントリーホールで「歴史的」ともいえる演奏会が行われた。

     村治佳織(41)が、たった1人で2000席もの大ホールを満杯にして、デビュ

    もっとみる