文藝春秋digital

池江璃花子 完全密着記「もう死にたい」と漏らした彼女が「誰かのために泳ぐ」と決意す…

「ボヘミアン・ラプソディ」に涙し、水の感触に心震わす――。「白血病」の公表から1年4か月、競泳のヒロインは何を考え、過ごしてきたのだろうか。「あ…

清原和博 独占手記|執行猶予が明けるのが怖かった──薬物依存症との1595日

逮捕から4年4カ月──6月15日、覚醒剤取締法違反によって懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博氏の執行猶予が明ける。…

京都・妙心寺退蔵院の襖絵を描く“現代の御用絵師”村林由貴の「新しい水墨画」

禅とは何か。自分は何を書くべきなのか。9年間、問い続け、描き続けた。京都・妙心寺の塔頭、退蔵院の襖絵を描くために全てを賭して生きる“現代の御用…

フレンチシェフ・岸田周三 13年連続三ツ星の秘密「料理人は“ワンマン”でいい」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは「カンテサン…

高砂親方ד新大関”朝乃山|師弟対談「横綱を狙います!」

師匠は弟子について「入門した当初は光るものがなかった」と語る。そんな朝乃山は、いかにして大関になれたのか。師弟が明かす、成長の軌跡。/高砂浦五…

「原節子」生誕100年 コロナ禍の今こそ見たい映画ベスト10

「麦秋」「東京物語」のおおらかな明るさ・清楚さだけじゃない。原節子にはダークな魅力がある。今こそ見たい“原節子の名画”を語り合った!/芝山幹郎…

三遊亭兼好×春風亭一之輔  「コロナ〝鍋〟をぶっ飛ばせ!」

寄席には人がひしめき、落語会のチケットも入手困難。そんな人気落語家の春風亭一之輔(42)、三遊亭兼好(50)両師匠も、コロナ鍋もといコロナ禍で予定…

日本の顔|長谷川博己

明智光秀――「本能寺の変」で信長を裏切る有名な最期の一方で、前半生は謎に包まれた戦国武将だ。長谷川博己さん(43)は、大河ドラマ『麒麟がくる』で…

東京オリンピックの延期費用「 3000億円」はIOCも負担せよ!

オリンピックはいわばスポーツ・ビジネスの集金システム。IOCの行動原理は「アスリート・ファースト」ならぬ「マネー・ファースト」である。延期の決定…

「アンドロイド」はどこまで人に近づいたか|ロボット工学者の石黒浩・阪大教授に聞く

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは大阪大学大学…