BUNSHUN_マガジンラック

BUNSHUNマガジンラック<今月オススメのイベント情報>【全文公開】

「文藝春秋」編集部オススメのイベント情報をお伝えします。

第12回「石橋信夫記念館文化フォーラム」

 大和ハウス工業は10月19日(土)、東京本社2階大ホール(飯田橋・14時〜17時)にて、石橋信夫記念館文化フォーラム『西郷隆盛に学ぶ新時代の切り開き方』を開催する。幕末に鹿児島に生まれ、私利私欲でなく「公の精神」をもって国家の理想像を掲げ、日本の近代国家の礎を築いた西郷隆盛をテーマに取り上げる。没後140年経ってもなお、「大西郷」と称され慕われている西郷隆盛だが、自伝や日記はもちろん、1枚の写真も現存していない。西郷の知られざる姿に触れながら、歴史から何を学び、どう生かすべきか、各界の論客による白熱したディスカッションが期待される。

 パネリストは磯田道史氏(歴史学者)、原口泉氏(鹿児島県立図書館館長)、家近良樹氏(大阪経済大学特別招聘教授)、林真理子氏(作家)。
 聴講希望者は、はがきに郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号を明記のうえ、〒107-0051東京都港区元赤坂1-4-2知性ビル「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」まで。大和ハウス工業HP内のフォームからも応募できる。

 締め切り8月30日(金)。当選は、はがきの発送をもって案内する。

 ●石橋信夫記念館文化フォーラム事務局 ☎03-3403-6453


尾木ママ×3keys トークイベント

 2009年から虐待や貧困などで家庭環境や育つ環境に恵まれない子どもたちへの支援活動や行政・関係機関に働きかけを行ってきた認定NPO法人3keys(スリーキーズ)が設立10周年記念イベントを開催。第22回「Child Issue Seminar」特別編「すべての子どもたちが安心して暮らすために」(国際ロータリー第2750地区 東京あけぼのロータリークラブ共催)は8月31日(土)明治大学中野キャンパス低層棟5Fホール(中野・12時〜15時)にて。尾木ママの愛称で親しまれている教育評論家の尾木直樹氏(臨床教育研究所「虹」所長)の基調講演と、この10年間に10,000人を超える子どもを支援してきた3keys代表理事・森山誉恵氏の活動報告の後、2人のトークセッションをお届けする。

 定員は申込先着400名。

 ① トークイベント:2,000円/人

 ②トークイベント終了後のレセプションパーティ:3,000円/人(大学生を除く18歳以下はどちらも無料。尾木ママの出演はトークイベントのみ。両方に参加する場合それぞれチケット申込が必要)

●詳細・申込は3keysウェブサイトから。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!



この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりもお得なパッケージ…

記事へのご意見・ご感想を募集しています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりもお得なパッケージです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。