見出し画像

同級生交歓|早稲田大学高等学院 (昭和63年卒)

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

(右から)

東邦ラス工業代表取締役社長 永井信太郎

早稲田大学ラグビー蹴球部監督 相良南海夫

ADKクリエイティブ・ワン クリエイティブ・ディレクター 渡辺裕之

同級生交歓トビラ_トリミング_軽

東京都練馬区 早稲田大学高等学院にて(撮影・杉山秀樹)

我々が出会ったのは15の春。3人とも早稲田のラグビーに憧れて、高等学院ラグビー部の門を叩いた。強豪校とは言えなかったが、練習や試合で工夫を重ね、高校3年時、優勝候補を破り、全国大会出場を果たす。勝って泣くことを初めて知った。リーダーシップに長けた相良は、大学ではラグビー部主将、その後三菱重工に進み、ラグビーとビジネスの双方で活躍。現在は大学ラグビー部の監督だ。俊足ウイングの永井は、住友商事を経て、34歳の若さで金属加工2次製品エキスパンドメタルの製造メーカーの社長に就任。会社を成長させている。渡辺は、学院ラグビー部で学んだ創意工夫の精神を胸に、広告の仕事に邁進中だ。今年、相良が監督として大学日本1に輝いた。永井も私も、涙を流して喜んだ。33年前と同じように。(渡辺)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

★2020年5月号(4月配信)記事の目次はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
10
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。