同級生交歓

同級生交歓ーー高知県立高知小津高等学校(昭和49年卒)【全文公開】

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

(右から)
北川村「モネの庭」マルモッタン副支配人 福井正文土佐酒蔵店主 前田啓介
日本相撲協会高砂部屋師匠(元大関朝潮) 高砂浦五郎

【トビラ】★H4S_7158c

東京都中央区 土佐酒蔵にて(撮影・杉山秀樹)

 私たちは高知県立高知小津高等学校の、創立100周年の卒業生です。

 当時から体が大きくて“大(だい)”と呼ばれていた高砂親方は、誰からも愛される学校内の人気者。古文の先生が相撲部監督で、大の相撲の話題ばかりで授業が楽だったものです。自由な校風もあり、啓介はアフロヘアで、サンタナなどの新しいロック音楽などを教えてくれる存在。個性は違っても、啓介の家に仲間たちで集まっていました。

 大は相撲界に進み、大関朝潮に。私が東急エージェンシーに勤務し、啓介が銀座の高知料理店「土佐酒蔵」2代目として跡を継ぐと、この店に集まるようになりました。定年後の私は高知の「北川村『モネの庭』マルモッタン」の副支配人となり、上京するたびに店で顔を合わせます。いつのまにか高知弁まる出しになりますね。(福井)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入より…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
1
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。