辻田真佐憲

辻田真佐憲さんの無料連載が始まりました!

 本日、「文藝春秋digital」で、新しい連載が始まりました!

 筆者は作家・近現代史研究家の辻田真佐憲さんで、連載タイトルは、「〈視聴覚〉のニッポン考」です。

 辻田さんは、1984年生まれ。若手論客として、今、注目を集めています。主なテーマは「政治と文化芸術の関係」ですが、最近はそれだけにとどまらず、評論・レビュー・インタビュアーとしても数々の仕事をこなしています。

 主な著作には、『天皇のお言葉』『日本の軍歌』(幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、『文部省の研究』(文春新書)などがあります。

 辻田さんが「文藝春秋digital」でお書きになるのは、タイトルにあるとおり、「視聴覚」で捉えた日本の姿です。感性で捉えることで、ニッポンの新しい姿が見えてくる――。この連載を通じ、きっと新たな発見があることでしょう。

 ぜひご期待ください! 連載は隔週火曜日に配信します。


▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

▼文藝春秋digitalオリジナル無料連載をまとめたマガジンはこちらです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。