同級生交歓

同級生交歓――川崎市立富士見台小学校(昭和54年卒)【全文公開】

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

(右から)
東京スカパラダイスオーケストラ・キーボーディスト 沖祐市

電通シニア・プライム・エグゼクティブ・プロフェッショナル 澤本嘉光

【トビラ】

神奈川県川崎市 川崎市立富士見台小学校にて(撮影・山元茂樹)

 川崎市立富士見台小学校は、1972年創立。東急田園都市線の新興住宅地に囲まれ、みるみるうちに全国有数のマンモス校になった。

 澤本君とは5、6年生の時に同じクラスで、いたずら好きで周りを笑わしてばかりの彼と、まだまだ屈託のない私はすぐ仲良くなった。夏休みに映画を見に行ったり、一緒に自由研究をしたのも良い思い出だ。

 中学校から別になり、お互いの道を歩んだが、母親同士が仲が良いこともあって縁は続き、90年代に連絡を取りあって飲みに行くようになった。彼はソフトバンクの白戸家のシリーズなどを手がけ、今やテレビで関わった広告を見ない日はないほどになった。私もスカパラが30周年を迎え、世界30ヶ国以上でライブをやり、音楽に生きる日々を加速させている。

 何かを成そうという時に、まだ何者でもない頃を共有し、刺激し、励ましあう友達がいる事は、誠に有難いことである。(沖)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。