マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#文藝春秋2019年11月号

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

新天皇・雅子皇后の素顔「雅子皇后の『おもてなし』」

令和の時代、日本が「普遍主義の中の多文化共生」「普遍的価値と伝統文化の両立」というメッセージを国際社会へ発信する時、新天皇・雅子皇后のおふたりは、日本にとっての“最高のソフトパワー”となる――。/文・西川恵(ジャーナリスト) 上皇后から引き継がれたおもてなし 今年5月下旬、皇居前にあるパレスホテルに、色とりどりの花を見事にアレンジした花束が、都内の花屋から届けられた。ホテルの担当者は大事そうに受け取ると、それをスイートルームのある上階に運んだ。廊下の前で警備員がチェックする

スキ
14

特別読物 宮沢りえ「彷徨える平成の女神」

「文藝春秋」2019年5月号の「特別読物 宮沢りえ『彷徨える平成の女神』」を特別に公開します。その才能の虜になった人々が明かした30年の波瀾万丈とは。 (取材・文=石井妙子、ノンフィクション作家) (※年齢・肩書などは取材当時のまま) 平成を代表する女性スター改元にあたって、平成を代表する女性スターは誰かと考えたとき、彼女の名前が浮かんだ。 宮沢りえ、46歳——。かつては人気や話題性が先行するアイドルスターであったが、近年は女優としての評価を高めた。映画では『紙の月』、

スキ
42

新天皇・雅子皇后の素顔「両陛下とディーゼルエンジン」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・山本昇(ヤンマーミュージアム館長)

スキ
1

新天皇・雅子皇后の素顔「奥多摩の山をご一緒して」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・金邦夫(元警視庁山岳救助隊)

スキ
1

新天皇・雅子皇后の素顔「赤く染まる槍・穂高」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・山田健一郎(常念小屋主人)

スキ
1

新天皇・雅子皇后の素顔「『脚力』と『紅茶」』の記憶」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・沢田浩(書籍編集者/元「週刊女性」記者)

スキ
1

新天皇・雅子皇后の素顔「御料牧場の2人乗り自転車」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・滝沢喜造(元御料牧場長)

スキ
2

新天皇・雅子皇后の素顔「水芭蕉の咲く沼のほとりで」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・花井徳良(『土湯別邸 里の湯』支配人)

新天皇・雅子皇后の素顔「2歳の愛子さまにハープを」

文・長澤真澄(マーストリヒト音楽院教授)

スキ
2

新天皇・雅子皇后の素顔「陛下のヴィオラと3重奏を」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・岩崎淑(ピアニスト)

スキ
1

新天皇・雅子皇后の素顔「九州北部豪雨の仮設住宅で」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・林裕二(福岡県朝倉市長)

スキ
3

『文藝春秋』2019年11月号目次

『文藝春秋』2019年11月号の記事は以下の通りです。リンクをクリックすると記事に飛べます。 ▼巻頭随筆「古風堂々」父の足跡をたどって(藤原正彦) ▼時間を受け継ぐ(柴崎友香) ▼父を弔った五日間(池内恵) ▼世界文学としての『源氏物語』(森山恵) ▼『河東碧梧桐』と妻の一言(石川九楊) ▼京アニ事件と実名報道(澤康臣) ▼サンマ不漁(八木田和浩) ▼橋下徹と舛添要一が徹底討論!日本と韓国「対決か、協調か」(橋下徹×枡添要一) ▼ソウル大学元教授が決死の告白

スキ
5

『文藝春秋』2019年10月号目次

『文藝春秋』2019年10月号の記事は以下の通りです。リンクをクリックすると記事に飛べます。 ▼巻頭随筆「古風堂々」知られざる国父(藤原正彦) ▼映画の答え(柄本明) ▼戦後思想を動かした男(岸俊光) ▼誇りの強さ(柚月裕子) ▼藤澤清造生誕一三〇年(西村賢太) ▼災い転じて首脳外交(岡村善文) ▼今こそ湛山の気骨に学ぶ(佐高信) ▼AIでくずし字を読む(カラーヌワット・タリン) ▼日本と韓国「国家の品格」(藤原正彦) ▼「軍事協定破棄」文政権は外交戦に敗

スキ
5