文藝春秋digital

マンガ『大地の子』第34話 春節|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第34話 春節|原作・山崎豊子

第34話 再会★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
8
マンガ『大地の子』第32話 再会|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第32話 再会|原作・山崎豊子

第32話 再会★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
30
マンガ『大地の子』第31話 妹よ|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第31話 妹よ|原作・山崎豊子

第31話 妹よ★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
11
マンガ『大地の子』第30話 明暗|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第30話 明暗|原作・山崎豊子

第30話 明暗★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
12
マンガ『大地の子』第29話 変節|原作・山崎豊子
+28

マンガ『大地の子』第29話 変節|原作・山崎豊子

第29話 変節★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎日

スキ
14
杉田副長官の“穴”をどうするか?《官邸人事の迷走》|森功

杉田副長官の“穴”をどうするか?《官邸人事の迷走》|森功

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3
「拝察」発言は驚くに値しない|辻田真佐憲

「拝察」発言は驚くに値しない|辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第7回です。最初から読む方はこちら。  天皇は憲法を超越した存在でもある。その事実があらためて突きつけられた。ほかでもない、宮内庁長官の「拝察」発言をめぐる騒動のことである。  西村泰彦長官は、6月24日の定例記者会見で、東京五輪の名誉総裁も務める天皇が、その開催によって新型コロナウイルスの感染が拡大するのではないかと懸念し、心配していると「拝察しております」と述べた。 

スキ
13
マンガ『大地の子』第28話 密告|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第28話 密告|原作・山崎豊子

第28話 密告 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
11
東京都墨田区のワクチン接種率が高い理由|専門家、コロナを語る。(3)西塚至(墨田区保健所長)

東京都墨田区のワクチン接種率が高い理由|専門家、コロナを語る。(3)西塚至(墨田区保健所長)

新型コロナの感染状況を大きく改善させる期待がかかるワクチン接種のオペレーションで、全国トップクラスの進捗率で注目されているのが東京都墨田区だ。 少なくとも1度は接種を受けた高齢者の割合が65%、2度目を済ませた割合は32%と全国の3倍以上の水準に達している(6月15日現在)。 6月28日には64歳以下の接種をスタートさせる。大阪でアルファ株(英国型変異株)が猛威をふるった4月には区独自で変異株PCR検査をはじめるなど素早い対応が注目された。その秘密はどこにあるのか、中心に

スキ
12
「ワクチン一本足打法」で五輪開催へ……菅政権の希望的観測|森功

「ワクチン一本足打法」で五輪開催へ……菅政権の希望的観測|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。  ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」

スキ
8