文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    「サトウのごはん」をパックご飯の王者にした男の“3倍返しの捲土重来”

    社運を賭けて勝負し続けた雪国の「半沢直樹」。/文・樽谷哲也(ノンフィクション作家) <summary> ▶佐藤功は、並みの職人でも商人でもない。ものづくりには誠実だが、…

    藤崎彩織 ねじねじ録|#5 T字の正体

    デビュー小説『ふたご』が直木賞候補となり、その文筆活動にも注目が集まる「SEKAI NO OWARI」Saoriこと藤崎彩織さん。日常の様々な出来事やバンドメンバーとの交流、そし…

    ただただ申し訳ない|釈徹宗

    著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、釈徹宗さん(僧侶)です。 私の母は平成30年の12月に今生の息を引き取りました。満81歳でした。60歳を過ぎたあたり…

    司馬遼太郎『坂の上の雲』とインテリジェンス 明石元二郎と広瀬武夫

    司馬遼太郎の名作を読み解く短期集中連載の第4回。日露戦争の“情報戦”で活躍した2人から見える“日本のインテリジェンス”とは。/片山杜秀(慶應義塾大学教授)×佐藤優…

    4月26日(月)|文春トータルエクスペリエンス カンファレンス〜「接点」を制する者が「ビジネス」を制す〜オンライン開催

    最強の体験(エクスペリエンス)がもたらす「意味」そして「価値」とは ≪ゲストスピーカーのご紹介≫ ◆基調講演 青山学院大学 マーケティング学科 教授 小野譲司氏 ◆…

    マウスを握った手|萩原健太

    著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、萩原健太さん(音楽評論家)です。 父は判事だった。裁判官。「じゃ、お父さん、厳しかった?」とよく訊かれる。確…

    「サトウのごはん」をパックご飯の王者にした男の“3倍返しの捲土重来”

    「サトウのごはん」をパックご飯の王者にした男の“3倍返しの捲土重来”

    社運を賭けて勝負し続けた雪国の「半沢直樹」。/文・樽谷哲也(ノンフィクション作家)

    <summary>
    ▶佐藤功は、並みの職人でも商人でもない。ものづくりには誠実だが、向こうっ気が強く、土性っ骨のある山師のような経営者だ
    ▶1年保存してもカビが生えないレトルト殺菌切り餅の開発に漕ぎ着け、1974年のCMをきっかけに一気に躍進する
    ▶「サトウのごはん」は、手軽に電子レンジで食品を加熱して食べるとい

    もっとみる
    藤崎彩織 ねじねじ録|#5 T字の正体

    藤崎彩織 ねじねじ録|#5 T字の正体

    デビュー小説『ふたご』が直木賞候補となり、その文筆活動にも注目が集まる「SEKAI NO OWARI」Saoriこと藤崎彩織さん。日常の様々な出来事やバンドメンバーとの交流、そして今の社会に対して思うことなどを綴ります。

    Photo by Takuya Nagamine

    ■藤崎彩織
    1986年大阪府生まれ。2010年、突如音楽シーンに現れ、圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感で「セカオワ現

    もっとみる
    ただただ申し訳ない|釈徹宗

    ただただ申し訳ない|釈徹宗

    著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、釈徹宗さん(僧侶)です。

    私の母は平成30年の12月に今生の息を引き取りました。満81歳でした。60歳を過ぎたあたりから、次第に自らの死への準備を始めていましたね。当時はまだ終活などという言葉もありませんでしたが、自身の身仕舞いについてはよく考えていたようです。母が往生した日、久しぶりに母の部屋へ入ると、実にきちんと整理されており、納棺装束や遺

    もっとみる
    司馬遼太郎『坂の上の雲』とインテリジェンス 明石元二郎と広瀬武夫

    司馬遼太郎『坂の上の雲』とインテリジェンス 明石元二郎と広瀬武夫

    司馬遼太郎の名作を読み解く短期集中連載の第4回。日露戦争の“情報戦”で活躍した2人から見える“日本のインテリジェンス”とは。/片山杜秀(慶應義塾大学教授)×佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

    <summary>
    ▶明石は「インテリジェンス=主」で「作戦=従」ですが、広瀬は「作戦=主」で「インテリジェンス=従」と対照的
    ▶インテリジェンスをめぐっては2つの考え方があって、これを「テクネー(技術)」

    もっとみる
    4月26日(月)|文春トータルエクスペリエンス  カンファレンス〜「接点」を制する者が「ビジネス」を制す〜オンライン開催

    4月26日(月)|文春トータルエクスペリエンス カンファレンス〜「接点」を制する者が「ビジネス」を制す〜オンライン開催

    最強の体験(エクスペリエンス)がもたらす「意味」そして「価値」とは

    ≪ゲストスピーカーのご紹介≫
    ◆基調講演 青山学院大学 マーケティング学科 教授 小野譲司氏
    ◆特別講演① カインズ 代表取締役社長 高家正行氏
    ◆特別講演② 大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授 石黒浩氏
    ◆スペシャル対談 作家・ミュージシャン 藤崎彩織さん

    ◆企画趣旨顧客との「接点」を制する者がビジネスを制す。
    数十年前は

    もっとみる
    マウスを握った手|萩原健太

    マウスを握った手|萩原健太

    著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、萩原健太さん(音楽評論家)です。

    父は判事だった。裁判官。「じゃ、お父さん、厳しかった?」とよく訊かれる。確かに。厳格というほどではないが、何事にも理詰めに、真面目に接する男ではあったけれど。ぼくたち家族に対しては、柔軟なユーモア感覚も持ち合わせた、話のわかるやさしい父親だった。好奇心も探究心も旺盛で、よく自室にこもっては様々な分野の興味深い事

    もっとみる