文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    あなたのエッセイが『文藝春秋』に全文掲載!「#未来のためにできること」をつけてnoteに投稿しよう

    100年後のことをかんがえよう。 急に言われても、イメージできないかもしれない。 だけど5年後、10年後、どんな自分になりたいか、どんな世界に住んでいたいか、そんな未来…

    文藝春秋digital
    12時間前

    2022年9月号|三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

    「どちらでもいい」の怖さ安倍元総理の国葬が世論を二分している。正確には、「二分しているような報道」がある。SNSでは賛成よりも反対の声が多いように感じる。 増上寺…

    文藝春秋digital
    17時間前

    倉本聰 選・構成「私の貧幸生活」読者投稿

    275通もの貴重な投稿から選ばれた「生活の知恵」。少しずつ、小さく、年寄りの力で、世の中を昔に戻しましょう。/選・構成 倉本聰(脚本家) 倉本さん 寄せていただい…

    文藝春秋digital
    17時間前

    わが友・葛西敬之氏を偲ぶ 杉田和博

    好奇心旺盛、何でも実践派──。「国士」の意外な素顔。/杉田和博(元内閣官房副長官) 杉田氏 スケールの大きな経営者 JR東海名誉会長の葛西敬之さんの葬儀には、安倍…

    文藝春秋digital
    17時間前

    「中国は信頼を裏切った」ラーム・エマニュエル駐日米国大使 進化する日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」を支える

    進化する日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」を支える。/聞き手・新谷 学(本誌編集長)、翻訳・構成=近藤奈香 エマニュエル氏 米民主党きってのタフネゴシエイ…

    文藝春秋digital
    17時間前

    追想・安倍晋三内閣総理大臣 北村滋

    2022年7月8日「悲報」——奈良県橿原市それは普段よりはむしろゆったりとした昼時であった。眼下に芝・虎ノ門の街並みを見下ろす赤坂1丁目、高層ビルの最上階、船橋洋一氏…

    文藝春秋digital
    17時間前
    あなたのエッセイが『文藝春秋』に全文掲載!「#未来のためにできること」をつけてnoteに投稿しよう

    あなたのエッセイが『文藝春秋』に全文掲載!「#未来のためにできること」をつけてnoteに投稿しよう

    100年後のことをかんがえよう。
    急に言われても、イメージできないかもしれない。
    だけど5年後、10年後、どんな自分になりたいか、どんな世界に住んでいたいか、そんな未来なら想像できるかもしれない。
    ”SDGs”とむずかしい言葉にとらわれず、肩の力を抜いて、みんなで意見を出しあって話しあおう。

    『文藝春秋』という雑誌は来年、創刊100周年をむかえます。
    作家の菊池寛がもっと自由に意見を言い合える雑

    もっとみる
    2022年9月号|三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

    2022年9月号|三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

    「どちらでもいい」の怖さ安倍元総理の国葬が世論を二分している。正確には、「二分しているような報道」がある。SNSでは賛成よりも反対の声が多いように感じる。

    増上寺での葬儀までは野党も元総理の突然の死を悼み功績を称えていたが、「秋に国葬」との話が出てから、モリ・カケ・サクラを引き合いに「税金で国葬を行うなどけしからん」とする声が出てきて大きくなった。報道ではバランスをとって賛成する声も紹介している

    もっとみる
    倉本聰 選・構成「私の貧幸生活」読者投稿

    倉本聰 選・構成「私の貧幸生活」読者投稿

    275通もの貴重な投稿から選ばれた「生活の知恵」。少しずつ、小さく、年寄りの力で、世の中を昔に戻しましょう。/選・構成 倉本聰(脚本家)

    倉本さん

    寄せていただいた文章を読んで私の書いた「老人への提言」。「貧幸」に戻ろう! という提案に対し、沢山の御返事や御意見をいただきました。まずそのことにお礼申上げます。

    『文藝春秋』の読者ばかりですから、これが果して全日本人の考えるところかどうかは判り

    もっとみる
    わが友・葛西敬之氏を偲ぶ 杉田和博

    わが友・葛西敬之氏を偲ぶ 杉田和博

    好奇心旺盛、何でも実践派──。「国士」の意外な素顔。/杉田和博(元内閣官房副長官)

    杉田氏

    スケールの大きな経営者
    JR東海名誉会長の葛西敬之さんの葬儀には、安倍晋三元首相も参列されていました。遺影を前にして弔辞に立った安倍さんはこう語りかけました。

    「葛西さんに病床で『日本の将来を頼みます』と仰っていただいた。その最後の言葉を胸に、国政に全力で邁進します」

    死を覚悟された葛西さんは、安倍

    もっとみる
    「中国は信頼を裏切った」ラーム・エマニュエル駐日米国大使 進化する日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」を支える

    「中国は信頼を裏切った」ラーム・エマニュエル駐日米国大使 進化する日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」を支える

    進化する日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」を支える。/聞き手・新谷 学(本誌編集長)、翻訳・構成=近藤奈香

    エマニュエル氏

    米民主党きってのタフネゴシエイター
    今年1月23日に着任したラーム・エマニュエル駐日アメリカ大使(62)は、アメリカの政界では剛腕として名を知られ、「ランボー」の異名を持つ。シカゴの東欧系ユダヤ人の家系に生まれた同氏は、大学在学中から政治活動に没頭。民主党陣営での選

    もっとみる
    追想・安倍晋三内閣総理大臣 北村滋

    追想・安倍晋三内閣総理大臣 北村滋

    2022年7月8日「悲報」——奈良県橿原市それは普段よりはむしろゆったりとした昼時であった。眼下に芝・虎ノ門の街並みを見下ろす赤坂1丁目、高層ビルの最上階、船橋洋一氏との昼食を待つ最中、その知らせは前触れもなく飛び込んできた。

    「NHK速報 安倍元首相 奈良市で演説中に倒れる 出血している模様 銃声のような音」(11時44分)

    目を覆いたくなるような不吉な知らせだった。さらに、「背後から散弾銃

    もっとみる