文藝春秋digital

武田徹の新書時評|コロナが浮き彫りにした「東京問題」

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 あれは東京問題――、菅義偉首相は官房長官時代に東京都の新型コロナウイルス…

森絵都さんが今月買った10冊の本

「自由」の概念 マスクを巡る論争が続いているけれど、欧米の各地で「マスクをしない自由」を訴えるデモが起こるたび、正直、私は不思議に思っていた。…

池上彰さんの「今月の必読書」…『その名を暴け #MeTooに火をつけたジャーナリストたち…

閉ざされた実態を明らかにした地道な取材 2017年から#MeToo運動がアメリカで始まり、瞬く間に日本を含む世界各国に広まりました。きっかけは、同年10…

佐久間文子さんの「今月の必読書」…『歴史家と少女殺人事件 レティシアの物語』

加害者ではなく被害者の人生の物語 歴史学者は過去しか扱わない。 本書は、そんな常識を打ち破る。まだ輪郭が定まらず揺れている現在のできごとを徹底…

梯久美子さんの「今月の必読書」…『帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーから…

軍人は互いをかばいあう高級官僚にほかならない 大和ミュージアム(呉市)館長の戸髙一成氏と、昨年話題を呼んだベストセラー『独ソ戦』の著者である大…

遠野遥×カツセマサヒコ|ぼくらは小説をこう書いてきた。

新人賞デビューから2作目の『破局』で第163回芥川賞を受賞した遠野遥さんと、今年6月に刊行したデビュー作『明け方の若者たち』が大ヒット中のカツセマ…

『東京、コロナ禍。』著者・初沢亜利さんインタビュー

東日本大震災や北朝鮮、イラク、沖縄などをテーマに写真集を出してきた写真家の初沢亜利さんが、新型コロナウイルスの感染拡大で一変した東京の街並みや…

武田徹の新書時評|元始、新書は実用書だった

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 平塚らいてうの言葉を真似れば、元始、新書は実用書だった。新しい知識が得ら…

佐藤優のベストセラーで読む日本の近現代史『東京タワー』 リリー・フランキー

日本社会を形づくる「家族」を読み解く 先日、安倍晋三首相は辞意を表明したが、第2次安倍政権は、決して支持率は高くなかったにもかかわらず、7年8カ…

「一人称単数」を読むと、筋の通らない物語を語りたくなる|岸田奈美

村上作品の感想を書くと、なぜか自分の話ばかりしてしまう 文藝春秋さんから「『一人称単数』の書評をお願いします」と頼まれて、嬉々として引き受けた…