文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    〈新装版〉目耳口 日本全国の美味や逸品を愛でて味わって

    極上の静岡産メロンを スペシャルなソルベで各地より厳選した果実を生かすオンライン限定のアイスクリーム専門店。なかでも目を引くのが果実を丸ごと使う芸術的なソルベ。…

    【フル動画】浜崎洋介×與那覇潤「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本『戦後は続くよ選挙後も?』」

    ◆いま「戦後」と「平成」を問い直す 文藝春秋digitalは、7月5日(火)19時〜、文芸批評家の浜崎洋介さんと、評論家の與那覇潤さんによるオンライン対談イベント「《紀尾井…

    【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

    ◆機能不全に陥った「民主主義」 文藝春秋digitalは、7月8日(金)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主主…

    名品探訪 「凜々しき百年時計」

    世紀を越えた美意識と機能、そして“物語”を併せ持つ「百年時計」。今回はスポーツウォッチをテーマに、その本質を伝える11本を選び抜いた。/文=山下英介、写真=長山一…

    7/7(木)14:00~|2025 年の「消費者行動・EC市場」予測 ~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこ…

    ●企画概要政府は去る6月1日より、新型コロナウイルスの水際対策を大幅に緩和し、1日当たり1万人の入国者枠を2万人に拡大しました。感染状況が落ち着いている国を中心に、…

    【イベントレポート】文藝春秋 100thカンファレンスシリーズ 「支援型リーダー大全」 - 「個」と「組織」の成長を促す心理的安全…

    コロナ禍で加速したテレワークはコミュニケーション不全を生み、部下のマネジメントに悩む管理職が増えている。4月14日(木)に開催された文藝春秋100周年カンファレンス…

    〈新装版〉目耳口 日本全国の美味や逸品を愛でて味わって

    〈新装版〉目耳口 日本全国の美味や逸品を愛でて味わって

    極上の静岡産メロンを スペシャルなソルベで各地より厳選した果実を生かすオンライン限定のアイスクリーム専門店。なかでも目を引くのが果実を丸ごと使う芸術的なソルベ。特に静岡のマスクメロン専門店、松香園から仕入れる繊細な肉質と甘みを持つメロンのソルベは贅沢感に溢れ、芳醇な香りと濃厚な果実味を堪能できる、逸品だ。

    Melon 松香園アローマメロン(ホール)25,920円

    名ホテル直伝の 伊勢志摩の名物

    もっとみる
    【フル動画】浜崎洋介×與那覇潤「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本『戦後は続くよ選挙後も?』」

    【フル動画】浜崎洋介×與那覇潤「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本『戦後は続くよ選挙後も?』」

    ◆いま「戦後」と「平成」を問い直す
    文藝春秋digitalは、7月5日(火)19時〜、文芸批評家の浜崎洋介さんと、評論家の與那覇潤さんによるオンライン対談イベント「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本 戦後は続くよどこまでも」を開催しました。

    《ページの下部に対談フル動画があります》

    7月10日に投開票が予定されている第26回参議院総選挙。衆院解散がない限り、大型の国政選挙が2025年までなく、

    もっとみる
    【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

    【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

    ◆機能不全に陥った「民主主義」
    文藝春秋digitalは、7月8日(金)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」を開催しました。

    《フル動画はページ下部にあります》

    7月6日に、成田悠輔さんによる新刊『22世紀の民主主義』が発売されます。成田さんは「若者が選挙に行って『政治参加』したくらいでは日本は何も変わらな

    もっとみる
    名品探訪 「凜々しき百年時計」

    名品探訪 「凜々しき百年時計」

    世紀を越えた美意識と機能、そして“物語”を併せ持つ「百年時計」。今回はスポーツウォッチをテーマに、その本質を伝える11本を選び抜いた。/文=山下英介、写真=長山一樹(S-14)、スタイリスト=石川英治(tablerockstudio)

    LUXURY SPORTS WATCH“ラグジュアリースポーツ” という概念は時代を超越するか?

    Grand Seiko(グランドセイコー)
    ゼンマイを動力源に

    もっとみる
    7/7(木)14:00~|2025 年の「消費者行動・EC市場」予測
~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~

    7/7(木)14:00~|2025 年の「消費者行動・EC市場」予測 ~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~

    ●企画概要政府は去る6月1日より、新型コロナウイルスの水際対策を大幅に緩和し、1日当たり1万人の入国者枠を2万人に拡大しました。感染状況が落ち着いている国を中心に、徐々にではありますが、外国人観光客の受け入れが増えていくことで、経済活動の正常化に軸足が動き始めています。こうした中、コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集

    もっとみる
    【イベントレポート】文藝春秋 100thカンファレンスシリーズ 「支援型リーダー大全」
- 「個」と「組織」の成長を促す心理的安全性と、当事者意識の萌芽 ‐

    【イベントレポート】文藝春秋 100thカンファレンスシリーズ 「支援型リーダー大全」 - 「個」と「組織」の成長を促す心理的安全性と、当事者意識の萌芽 ‐

    コロナ禍で加速したテレワークはコミュニケーション不全を生み、部下のマネジメントに悩む管理職が増えている。4月14日(木)に開催された文藝春秋100周年カンファレンスシリーズ「支援型リーダー大全」では、コミュニケーションを活性化させ、社員の自律を促す「心理的安全性」や「サーバント(支援型)リーダーシップ」について、識者や経営者らが考察した。

    基調講演「失敗を許容する、恐れない組織のリーダー像」

    もっとみる