『文藝春秋digital』2021年8月ラインナップ
見出し画像

『文藝春秋digital』2021年8月ラインナップ

■会員限定イベント

■文藝春秋digitalの配信予定記事(2021年9月号)

▼8月10日(火)
台湾・蔡英文総統 単独インタビュー「香港、ウイグルへの弾圧を北京当局がやめるよう呼びかける」聞き手・船橋洋一
ウイグル「強制不妊手術」の残虐 エイドリアン・ゼンツ
高市早苗「総裁選に出馬します!」
ハマのドンめぐる大乱戦 仁義なき横浜市長選 常井健一+本誌取材班
北村滋「経済安全保障」とは何か? 東芝事件、学術会議問題等の深層
「池江璃花子は病室で笑った」育ての親が初めて明かす 吉田正昭

▼8月11日(水)
第165回芥川賞受賞者インタビュー
石沢麻依「母との『カラマーゾフ事件』」

第165回芥川賞受賞者インタビュー
李琴峰「私をカテゴライズしないで」

第165回芥川賞選評
小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦寿輝、山田詠美、吉田修一

▼8月12日(木)
「菅じゃ戦えない」安倍が漏らしたホンネ 赤坂太郎
後藤謙次 四面楚歌の菅政権「裸の王様には愛想が尽きた」
令和版「ええじゃないか」五輪対策敗れたり 広野真嗣

▼8月13日(金)
中西輝政 習近平はヒトラーよりスターリンだ
「中川会長を直撃」日本医師会の病巣にメス 辰濃哲郎+本誌取材班

▼8月14日(土)
中森明菜「消えた歌姫とバブルの時代」① 西﨑伸彦
ミス・サンシャイン(12)|吉田修一

▼8月15日(日)
大河ドラマじゃ見られない! 渋沢栄一「二人の妻とお妾さん」鹿島茂
戦場に消えた六人のオリンピアン 早坂隆

▼8月16日(月)
岡藤正広「伊藤忠はこうして財閥に勝った」三菱商事、三井物産を追い越したウラ

▼8月17日(火)
森村誠一「うつ病を乗り越えた夫婦の証明」老人性鬱病、認知症との壮絶な戦い

▼8月18日(水)
吉田類「酒はコロナか溜息か」酒場の嘆き節

▼8月19日(木)
天皇陛下の期待に背いた菅首相の「内奏」友納尚子

▼8月20日(金)
大谷翔平「二刀流」を開眼させた男 斎藤庸裕

▼8月21日(土)
新連載小説 三浦しをん「ゆびさきに魔法」(2)

▼8月22日(日)
羽生善治×有働由美子「藤井聡太さんはAI時代の象徴かな」

▼8月23日(月)
世界遺産三内丸山遺跡と縄文人の世界 三浦佑之×岡田康博

▼8月24日(火)
「刃物の町・岐阜県関市からグローバル市場へ」遠藤宏治(貝印グループ代表取締役会長兼CEO)

▼8月25日(水)
西川美和 ハコウマに乗って⑦

▼8月26日(木)
藤原正彦 揉み手して 古風堂々28
中村文則 四十にして惑う
濱口竜介 カンヌより

▼8月27日(金)
安藤忠雄 今、建築ができること
みうらじゅん『ゴジラvsコング』に釘付け!!
大島真寿美 高校生が選ぶ直木賞のこと

▼8月28日(土)
さいとう・たかを「約束を守る」ゴルゴのプロ意識
冨山和彦 中西さんへ
塩野七生 国民を幸せにするスポーツ 日本人へ219

■オリジナル連載記事

山崎豊子原作・マンガ「大地の子」
秋山千佳「“東大女子”のそれから」
中村計「イップスの正体」
藤崎彩織「ねじねじ録」
高橋ユキ「子どもが危ない!」
広野真嗣「専門家、コロナを語る」
森功「新・現代官僚論」
辻田真佐憲「SNS言論検証」

■バックナンバー

・2019年9月号記事一覧はこちら>>・2019年10月号記事一覧はこちら>>・2019年11月号記事一覧はこちら>>・2019年12月号記事一覧はこちら>>・2020年1月号記事一覧はこちら>>・2020年2月号記事一覧はこちら>>・2020年3月号記事一覧はこちら>>・2020年4月号記事一覧はこちら>>・2020年5月号記事一覧はこちら>>・2020年6月号記事一覧はこちら>>・2020年7月号記事一覧はこちら>>・2020年8月号記事一覧はこちら>>・2020年9月号記事一覧はこちら>>・2020年10月号記事一覧はこちら>>・2020年11月号記事一覧はこちら>>・2020年12月号記事一覧はこちら>>・2021年1月号記事一覧はこちら>>・2021年2月号記事一覧はこちら>>・2021年3月号記事一覧はこちら>>・2021年4月号記事一覧はこちら>>・2021年5月号記事一覧はこちら>>・2021年6月号記事一覧はこちら>>・2021年7月号記事一覧はこちら>>

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。